横浜市内

横浜新港・水道道から赤レンガ倉庫を歩く

1.魅力ポイント

横浜には、水道道って言う、明治時代に相模から水道管を延々と伸ばして埋設してできた道が、現在でもあります。

これは、坂が多い横浜にも、サイホンの原理で、水を横浜まで(実際には外人居留地まで)運んだ水道管です。

つまり、最初のころは、途中の住民には恩恵がなかったんですね。

その後、沿線の住民にも水の恩恵ができ、横浜市民から親しまれ、現在に至ります。

この道を、保土ヶ谷の星川あたりから、海まで辿るコースです。

坂あり、坂ありのコースなので、健脚向きですかね。

 

2.コースの紹介

この変からスタートです。星川から相鉄西横浜駅を過ぎたあたり。
suidoumiti_akarenaga1

バス停も水道道って、いいですね。
suidoumiti_akarenaga2

この「おかえりなさい 元気な水」の看板は、横浜市民に水に対する思いを表しています。
suidoumiti_akarenaga3

藤棚には、いまでも藤棚があります。ここから、坂が急になります。
suidoumiti_akarenaga4.5

藤棚の交差点を過ぎ、すぐ脇道みたいな急坂を上ります。
suidoumiti_akarenaga4

こんな急坂が、しばらく続きます。
suidoumiti_akarenaga5

坂が急だなぁと思っていたら、ここが有名な「尻こすり坂」でした。
suidoumiti_akarenaga7

尻こすり坂を過ぎると、一気に下ります。が、その先に、また上り坂が見えるので、下りたくなくなります。ひどい道です。
suidoumiti_akarenaga6

やっと、坂を登り切ると、野毛山動物園です。ここは、現在も無料開放。ライオンの吠えるオリのすぐ横に、民家があります。
suidoumiti_akarenaga8

野毛山公園の由来が書いてあります。ゆっくり読んで、疲れをとりましょう。
suidoumiti_akarenaga9

一気に下ってくると、都橋あたりで大岡川を渡りますが、この右側の昭和レトロな雰囲気の都橋商店街が、ディープスポットとして有名です。
suidoumiti_akarenaga10

ランドマークタワーが見えました。ここまで来れば、海を間近です。
suidoumiti_akarenaga11

赤レンガ倉庫に来ました。疲れが、出てくるころ。もうすぐです。
suidoumiti_akarenaga12

横浜新港に到着!
suidoumiti_akarenaga13

 

3,マップ

suidoumiti_akarenaga_map

 

\この記事はどうでしたか?/

  • この記事を書いた人
アバター

ウォーキング歴6年の一日20km歩く筆者(ヤッちゃん)

-横浜市内

© 2020 いつもと違う場所を歩くおすすめウォーキングコース案内