横浜市内

鶴ヶ峰・帷子川親水緑道をアレンジしたウォーキングコース

1.魅力ポイント

相鉄鶴ヶ峰駅から歩いて3分なのに、気持ちのいい森林浴とお散歩ができるウォーキングルートです。

帷子川親水緑道は、帷子川の河川改修の時に、残された旧河川敷と周辺の貴重な自然環境を活かした空間です。

夏には水辺散策・水遊びが楽しめます。

横浜という大都市の近郊都市である鶴ケ峰のオアシスでしょうか。

ウォーキングで歩けるのは、「池・庭園ゾーン」「せせらぎゾーン」「広場ゾーン」そして、親水緑道を抜けると帷子川に出ますので、川沿いに水を感じながら歩くことができます。

最近は、この帷子川親水緑道近くの嶋越橋から、すぐ上流にある相鉄鶴ケ峰バスターミナル下の水道橋周辺までに、遡上したアユがたくさん見られるそうです。

 

2.コースの紹介

相鉄鶴ヶ峰駅から歩いてくると、まずこの池に出ます。決して綺麗な水ではないのですが、静かさがうれしいです。
sinsuiryokudo1

池からせせらぎに沿って歩きます。ここは、真夏でもひんやりとして涼しいのでいいです。それに、道のすぐ横に水が流れている感じは、なかなか味わったことがない感覚です。
sinsuiryokudo2

道は一本道なので、迷うことはありません。
sinsuiryokudo3

そのまま行くと、帷子川に出ます。川沿いに道があるので、気持ち良く歩けます。
sinsuiryokudo4

 

3,マップ

sinsuiryokudo_map

 

  • この記事を書いた人
アバター

ウォーキング歴6年の一日20km歩く筆者(ヤッちゃん)

-横浜市内

Copyright© いつもと違う場所を歩くおすすめウォーキングコース案内 , 2020 All Rights Reserved.