岡山

あの二刀流_宮本武蔵の生まれた村を初冬に歩く

1.魅力ポイント

あの「二刀流」や「巌流島の決戦」で有名なの宮本武蔵が生まれた村、美作国宮本村(現美作市宮本)です。

武蔵は、ここで生まれ、16の歳までこの地で過ごしたと言われています。

この村に興味がわいたのは、吉川英治作「宮本武蔵」を読んでからです。

2003年に、NHKの大河ドラマでやってたらしいですが、正直見てません。

当時、道を究めようと思った人は仏門に入ったのですが、彼はそれを剣の道に求めたのです。

そんな人となりに興味をいだきました。

皆さんも、一度尋ねてみてはいかがでしょうか。

 

2.コースの紹介

駅名には人名をつけないことが普通ですが、最寄り駅名は、智頭急行智頭線の宮本武蔵駅ずばりです。
宮本武蔵駅

 

智頭急行智頭は、第三セクターの単線ですが、京都駅~鳥取駅・倉吉駅間の特急「スーパーはくと」や

岡山駅~鳥取駅間の特急「スーパーいなば」が経由して通っています。

それ以外は、各停です。

宮本武蔵駅に到着しホームに降りたとたん、真ん前の約2メートルほどもある迫力ある宮本武蔵の肖像画が飛び込んできます。
宮本武蔵の肖像

 

武蔵は、幼少青年期には「たけぞう」と呼ばれていました。

駅前には、たけぞう・お通・又八の三体の像があります。
武蔵・お通・又八の三体の像

 

小説では、沢庵和尚によって開眼し、その後「むさし」と呼び名を改め、姫路の殿様より「宮本」と名乗るように賜ったのでした。

駅から細い道を下ると、村には似つかわしくないドームが見えます。

武蔵武道館です。
武蔵武道館

武蔵の偉業をたたえ、剣の心を伝える武道館です。

 
そこからしばらく歩くと、山の麓に宮本武蔵を祀る武蔵神社が小さくあります。
武蔵神社
昭和46年(1971)4月に建立されました。
生涯一度も勝負に負けたことがない武蔵にあやかって、受験の合格祈願やスポーツの必勝祈願などに多くの人が訪れています。
また、武蔵が好んだ唐の詩人白楽天の詩「寒流帯月澄如鏡」を刻んだ「戦気の碑」が建てられています。

 
武蔵神社のすぐ裏には、武蔵の墓があります。
武蔵の墓
武蔵は熊本にて62歳で亡くなり、葬られました。
ここには、その分骨が埋められていると伝わっています。
武蔵の墓の右手には、父の無二斎の墓がたっています。

 

宮本武蔵ゆかりの神社である讃甘(さのも)神社です。
さのも神社

宮本武蔵の生家の隣です。
彼は、神社で打たれる太鼓の左右で打つ音に差がないことに気づき、二刀流を考案したと言われています。

 

武蔵神社より村を一望できます。
武蔵神社より村を一望する

 

讃甘神社の道のむかいには武蔵資料館があります。
武蔵資料館入り口

 

宿泊施設 武蔵の里「五輪坊」に併設されている資料館です。
武蔵資料館を入ると

NHK大河ドラマ「宮本武蔵」で使用された衣装や、武蔵自筆の達磨頂相図(だるまちんそうず)や自作の「瓢箪鯰図鍔(ひょうたんなまずずつば)」や、鎧などがあります。
晩年の「二天一流」の構えとは異なる二刀流です。
武蔵資料館武具

 

これが、五輪の書です。
五輪の書

 
武蔵資料館内には日本刀もあります。
武蔵資料館内日本刀

「海鼠透鍔(なまこすかしつば)」のデザインは一見の価値があります。

隣には武蔵剣道場も。
武蔵剣道場

武蔵資料館以外にも敷地内には武蔵道場や、青年期の宮本武蔵像などを見ることができます。
武蔵資料館の庭3
青年期の勇壮な姿を表現した銅像です。

 

美しい庭園をお散歩しながら、ぜひじっくりと見て回ってみて下さいね。
武蔵資料館の庭2

 

武蔵資料館の庭1

 

讃甘(さのも)神のすぐ近くには、武蔵の姉であり、母親代わりでもある”おぎん”の嫁ぎ先である平尾家があります。
武蔵の姉の嫁ぎ先
現在も住居として使われているため外観しか見学できません。

 

宮本武蔵生家跡
武蔵の生家1
武蔵の生家は、約60メートル四方の大きな茅葺の家だったと伝えられていますが、定かではないようです。

 

地場産物を目指すなら”楽市楽座”が、おすすめです。
楽市楽座

 

3,マップ

宮本武蔵のおすすめコースです。
武蔵村の地図

 

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便 Bloomee LIFE

プロのお花屋さんが週替わりで季節のお花を選んでお届け!そのまま飾るだけ

定期的にお花が届くので楽しみ

オシャレな箱で届くのでインスタ映えも狙える

配送中に痛んでしまったお花は無料で再送保障

旅行や出張などで家を空ける時はスキップOK

\この記事はどうでしたか?/

  • この記事を書いた人
アバター

花ウォーキング歴6年ヤッくん

ウォーキングと花が大好きです。いつもと違う場所やコースを探している人に、花を見ながら歩ける魅力の場所やコース案内します。

人気記事

保土ヶ谷公園森の通り道09 1

1.魅力ポイント 県立保土ヶ谷公園には、公園案内図にさえ載っていない森の中を散歩できる道があります。 地元の人だけが、毎日のように散歩できるコースなのです。 もともと、保土ヶ谷公園のある明神台は、明神 ...

一つ目入り口前 2

1.魅力ポイント 桜ヶ丘トラスト緑地(別名、桜ヶ丘の森)は。県立保土ヶ谷公園に隣接した位置にあるにもかかわらず、 その存在を知っている人は、地元でも少ないです。 広さがたった1.2haと小さいためもあ ...

ピンクの流れ星 3

1.魅力ポイント 11月に入ると、秋バラが楽しみですね。 横浜では、山下公園と港の見える丘公園が有名です。 でも、少し距離が離れているので、片っぽだけしか見れない人も多いです。 今回は、両方の公園の秋 ...

-岡山

© 2021 【横浜を歩く】季節の花・旬の花見頃見られごろ