横須賀・三浦方面

三浦・城ヶ島の水仙を見に行くウォーキングコース

1.魅力ポイント

日本水仙は、12月から1月にかけて、斜面一面が水仙に埋め尽くされ、芳香も高く好きな人も多いですね。

この季節は、花もなく、貴重なお花でもあります。

水仙は、球根が黒潮にのって、流れついたものらしい。

アルカリ性が好きで、水際に多く生えるので、水の中の仙人、つまり「水仙」と呼ばれるわけです。

三浦城ヶ島の水仙も、黒潮に流されて、たどり着いたのかな?

美智子さまが、皇居の庭で自ら摘まれた17本の日本水仙の花が有名です。

1995年1月阪神・淡路大震災直後に、現地慰問された折に、神戸市長田区の被災地で祈りを捧げられた後、

美智子さまが突然白い箱からその花束を出され、焼け跡のがれきの上に希望の象徴として捧げられました。

美智子さまの温かい思いやりがあらわれていました。

その後、これらの花は、永久保存され、そのままの姿でカプセルに入り、

今は神戸布引ハーブ園で展示公開されているそうです。

花束が捧げられた場所は、現在「すいせん公園」としていっぱい咲かせているそうです。

 

2.コースの紹介

三浦城ヶ島公園に行くと、たくさんの水仙に歓迎されます。
miura_jyogasima1

公園の道沿いにも、多くの水仙が植えられています。
miura_jyogasima2

今日は、相模湾越しの富士山も見えます。
miura_jyogasima3

ここの海岸は、海鵜(ウミウ)の自然繁殖地でもあり、展望台から良く見えます。
miura_jyogasima4

下は、急な崖が海岸に繋がっています。
miura_jyogasima5

島の反対の西側には、城ヶ島灯台があります。これも、ヴェルニーが明治時代に設計したもの。
現在も、東京湾の出入り口を照らす重要な灯台です。
miura_jyogasima6

3,マップ

miura_jyogasima_map
 

  • この記事を書いた人
アバター

ウォーキング歴6年の一日20km歩く筆者(ヤッちゃん)

-横須賀・三浦方面

Copyright© いつもと違う場所を歩くおすすめウォーキングコース案内 , 2020 All Rights Reserved.