横浜市内

紅葉の季節にこども植物園と菊花展を目指して歩く

1.魅力ポイント

横浜市こども植物園には、隣接する横浜市児童遊園地があり、園内の紅葉がきれいです。

紅葉を楽しんだ後には、こども植物園の季節のお花も楽しめる人気スポット。

駐車場は狭いので、なるべく公共機関で行くのがいいんですが、

もちろんウォーキングの目的地にして歩くのも楽しみですね。

今回は、11月中旬に、紅葉と秋バラ、そして期待してなかったけど、すばらしい菊の花も楽しめました。

皆さんも、是非一度歩いて行ってください。

 

2.コースの紹介

出発地の保土ヶ谷公園のイチョウ黄葉。

まさに、盛りですね。
保土ヶ谷公園のイチョウ黄葉

 

公園内の銀杏並木も、”黄色いじゅうたん”になってます。
銀杏並木

 

青い空に保土ヶ谷公園の黄葉がきれいですね。
保土ヶ谷公園の黄葉

 

公園内の梅園には、梅の芽がすでに芽吹いています。

あと、2ヶ月もすると、今度は梅の花が咲きます。

梅の芽がすでに

 

歩いていくと、川の土手に真っ赤な紅葉も。
真っ赤な紅葉

 

この大気汚染観測装置まで来たら、ここを右に歩けば、横浜市児童遊園地はもうすぐ。
ここを右に

 

横浜市児童遊園地内の遊歩道に入ると、釣り池があり廻りは憩いのスポットになってます。
こども植物園の池回り

 

遊歩道の黄葉がきれいですね。
黄葉がきれい

 

ここには早春の菜の花がすでに播種されています。
ここには早春の菜の花がすでに播種

 

遊歩道を歩いていくと横浜市児童遊園地を抜けて、目の前が横浜市こども植物園です。
横浜市こども植物園です

 

こども植物園に菊花展が。
こども植物園に菊花展

 

いきなり菊のお出迎えです。
菊のお出迎え

 

大きな菊たち、カラフルです。
大きな菊たちカラフル

 

透き通るような白い菊です。
透き通るような白い菊

 

繊細な花菊です。すばらしいできです。
繊細な花菊

 

乱菊っていう感じでしょうか。
乱菊

 

これも、繊細な菊ですね。
繊細な菊です

 

盆栽菊も負けちゃいません。
盆栽菊も負けちゃいません

 

黄色さもアピールしてます。
黄色さもアピールしてます

 

秋のバラ園です。さすがに、この季節になると、バラも少なく、寂しいですが、良くみると、まだまだバラ立ちは咲いています。
秋のバラ園

 
残っているバラたち。
残っているバラたち

 

こんな赤いバラもしっかりありますよ。
こんな赤いバラもしっかり

 
よく残ってくれてました。白いバラ。
よく残ってくれてました

 

3,マップ

横浜市こども植物園へのマップです。
横浜市こども植物園へのマップ

 

\この記事はどうでしたか?/

  • この記事を書いた人
アバター

ウォーキング歴6年の一日20km歩く筆者(ヤッくん)

ウォーキングと花が大好きです。いつもと違う場所やコースを探している人に、花を見ながら歩ける魅力の場所やコース案内します。

人気記事

保土ヶ谷公園森の通り道09 1

1.魅力ポイント 県立保土ヶ谷公園には、公園案内図にさえ載っていない森の中を散歩できる道があります。 地元の人だけが、毎日のように散歩できるコースなのです。 もともと、保土ヶ谷公園のある明神台は、明神 ...

一つ目入り口前 2

1.魅力ポイント 桜ヶ丘トラスト緑地(別名、桜ヶ丘の森)は。県立保土ヶ谷公園に隣接した位置にあるにもかかわらず、 その存在を知っている人は、地元でも少ないです。 広さがたった1.2haと小さいためもあ ...

樹源寺 3

1.魅力ポイント 保土ヶ谷にある樹源寺は、樹齢八百年の大ケヤキ(残念なことに、この欅は排気ガス等による空気汚染のために枯れ、昭和四十五年に伐採されました。)で有名な日蓮宗のお寺です。 お寺の横から、実 ...

DSC_0916 4

1.魅力ポイント 今回は、本来は季節のいい時期の5月に、保土ヶ谷公園から桜台・霞台へ降りていき、そして保土ヶ谷駅まで保土ヶ谷宿の旧跡をめぐるコースです。 季節がら、藤やツツジにバラなどが楽しましてもら ...

ツタの絡まる絶景スポット 5

1.魅力ポイント 横浜新道の藤塚ICには、周囲から見えないツタの絡まる絶景スポットと、使われなくなった橋を歩けるところがあります。 どちらも、共に浮き世離れした異様な感じです。 保土ヶ谷公園から西、横 ...

-横浜市内

© 2020 【横浜を歩く】季節の花・旬の花見頃見られごろ