横浜市内

星川・法性寺のロウバイと水仙なぜかクリスマスローズのコース

1.魅力ポイント

1月に入ると、どこからともなくロウバイのいい臭いが、その存在を教えてくれます。

花は、たいしたことないけど、そのかぐわしい臭いは、早春のパンチがきいた強い臭いです。

そして、その足下には、可憐な水仙。

水仙自身も、臭いという点では、他の花に決して負けてはいないのですが、ロウバイにかかっては存在はかすんでしまいます。

お寺の境内には、クリスマスローズがあります。寺内にあるのは珍しいです。

クリスマスローズは、西ヨーロッパ原産で、明治時代に、初めは薬用植物として日本に導入されました。

優雅な姿から、茶人が茶花として飾り始めたんですね。

花のないクリスマスの時期にバラのような花を咲かせるので、イギリス人は敬意と憧れを込めて、クリスマスローズと呼んだそうです。

学名は、ヘレボルス。

和名は、原種が「初雪起こし」、園芸品種が「寒芍薬」。

また、少し遅れて咲くボケの花は、臭いこそないけど、これも目に見て綺麗さがひとしおですね。

 

2.コースの紹介

相鉄星川駅から南をみると、斜面に法性寺がすぐ見えます。ロウバイは、この中の墓地に隣接した山の斜面にあります。
hoshikawa_roubai1

そして、その下には水仙が。上と下に、この時期にとっては貴重なお花です。
hoshikawa_roubai2

境内には、ボケの花が植えてあります。綺麗さが目立ちます。

hoshikawa_roubai3

DSC_0818

境内には、何故かクリスマスローズがあります。以前は、もっとたくさんあったのですが、今は数株だけが生き残っています。

hoshikawa_roubai4

DSC_0817

 

3,マップ

hoshikawa_roubai_map

 

  • この記事を書いた人
アバター

ウォーキング歴6年の一日20km歩く筆者(ヤッちゃん)

-横浜市内

Copyright© いつもと違う場所を歩くおすすめウォーキングコース案内 , 2020 All Rights Reserved.