横浜市内

保土ヶ谷・保土ヶ谷公園の梅を見るコース

1.魅力ポイント

梅は、1月から3月まで、花を楽しめます。

この寒い時期に、ウォーキングしながら花を楽しめるのは、水仙と菜の花と河津桜と梅くらいです。

県立保土ヶ谷公園には、足下がしっかりして、梅園には珍しくベンチや綺麗なトイレもあり、お昼弁当を広げるスペースもあるので、歩くには最高の目的地です。

ここの唯一の欠点は、梅の木の背が高いこと。

上に伸ばしすぎているから、花までの距離が少し遠いんです。まあ、贅沢ですが。

 

2.コースの紹介

1月4日では、まだつぼみが膨らんだ感じですが、色もしっかりして、これはこれで正月の祝いを楽しめます。
hodogayakouen_ume1

1月19日に、白梅も紅梅も開花し始めています。
hodogayakouen_ume2

紅梅の方が、早咲きの種類のようです。
hodogayakouen_ume3

1月26日。いよいよ開花が進みます。
hodogayakouen_ume4

2月2日では、白梅ががんばって咲いてくれました。
hodogayakouen_ume5

翌2月3日には、ほぼ満開近くにまで咲きます。
hodogayakouen_ume6

2月8日、紅白満開です。
hodogayakouen_ume7

天に勢いをつけて、咲き誇ります。
hodogayakouen_ume8

 

3,マップ

hodogayakouen_ume_map

 

  • この記事を書いた人
アバター

ウォーキング歴6年の一日20km歩く筆者(ヤッちゃん)

-横浜市内

Copyright© いつもと違う場所を歩くおすすめウォーキングコース案内 , 2020 All Rights Reserved.