横浜市内

保土ヶ谷・保土ヶ谷宿を歩くコース

1.魅力ポイント

保土ヶ谷宿は、東海道五十三次の4番目の宿場です。

旧東海道が、いまでも町の真ん中を走っていて、いたるところに旧宿場町の面影や遺跡が残っています。

これから西は、権太坂を上って、戸塚宿へ至ります。

宿場は南北にまっすぐと出来ていて、南と北のそれぞれ入口には、見付と言って、見張り番所が設置されていました。

相鉄天王町駅からJR保土ヶ谷駅まで、ゆっくりとウォーキングできます。

 

2.コースの紹介

天王町駅を南に出ると、旧帷子橋を説明する看板があります。
hodogayajyuku1

現在は、橋のオブジェだけ残っていて、小さい広場になっています。
hodogayajyuku2

岩間市民プラザ前にある「歴史の道」モニュメント。
hodogayajyuku3

保土ヶ谷宿の碑が、旧東海道沿いにあります。
hodogayajyuku4

そして、それは大蓮寺の前でもあるのです。
hodogayajyuku5

 

3,マップ

hodogayajyuku_map

 

  • この記事を書いた人
アバター

ウォーキング歴6年の一日20km歩く筆者(ヤッちゃん)

-横浜市内

Copyright© いつもと違う場所を歩くおすすめウォーキングコース案内 , 2020 All Rights Reserved.