いつもと違う神奈川のおすすめウォーキングコース 横浜市内

保土ヶ谷~戸塚の旧東海道を歩く

1.魅力ポイント

旧東海道の中でも、都会の割に、保土ヶ谷宿~戸塚宿までは、昔の面影を残しています。

旧蹟が、現在でも見られます。

道幅は、昔のままなので、自動車が通るには細いですが、人が通るには、ちょうどいい感じです。

でも、一部は普通のバスが通りますので、気を付けるにこしたことはありません。

安全に、昔に思いをはせながら、季節が良いと花々も一緒に見ながら歩きましょう。

 

2.コースの紹介

保土ヶ谷からしばらく歩くと、一番目の坂が権太坂です。

この道標が権太坂の始まり。

昔は、もっと急な坂だったようですが、今歩くと、緩いだらだら坂に感じます。
権太坂の始まり

 

何故”権太坂”と言うのか、2つの説があるのですが、こちらは耳の遠い権太お爺さん説。
耳の遠い権太お爺さん

 

権太坂の名前由来は二つですが、こちらは権左衛門説も。
権太坂の名前由来は二つ

 

権太坂を上りつめると、昔は峠だったであろう所に、境木観音様があります。

一息入れましょう。
境木観音様

 

境木観音様の真ん前の行き止まりの細い道を下りていくと、江戸時代の旧家が残っています。

この奥の道場に、近藤勇も来たらしいです。廻りは、うっそうとした竹藪なのです。

この奥の道場に近藤勇も来た

 

一度、元の境木観音様まで戻ります。

境木観音様の真ん前に、焼餅坂の始まり道標が建っています。
焼餅坂の始まり道標

 

焼餅坂の言われが書いてあります。たいしたことは書いてありません。
焼餅坂の言われ

 

実際の焼餅坂は、こんな感じです。
焼餅坂

 

しばらく下っていくと、品濃一里塚が見えてきます。
品濃一里塚

 

この品濃一里塚の絵によると、保土ヶ谷と戸塚のちょうど真ん中らしい。
品濃一里塚の絵

 

品濃一里塚からは、緩く下っていますが、東戸塚の手前は急坂”品濃坂”です。

明治初期の品濃坂は、一つの難所だったらしい。
明治初期の品濃坂

 

宝蔵院です。

宝蔵院と言えば槍ですが、ここは真言宗のお寺で、槍とは関係なさそうです。
宝蔵院

 

戸塚宿の入り口には、この江戸方見附跡があります。

ここから、出口の上方方見附までは、どの殿様の参勤交代の隊列も、整然として進む必要があります。

なぜなら、幕府のお役人が、人数を数えるからです。

江戸方見附跡

 

横に、江戸方見附跡説明があります。
江戸方見附跡説明

 

戸塚宿に到着です。
戸塚に到着

 

3,マップ

保土ヶ谷~戸塚の旧東海道を歩く地図です。
保土ヶ谷~戸塚旧東海道地図

 

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便 Bloomee LIFE

プロのお花屋さんが週替わりで季節のお花を選んでお届け!そのまま飾るだけ

定期的にお花が届くので楽しみ

オシャレな箱で届くのでインスタ映えも狙える

配送中に痛んでしまったお花は無料で再送保障

旅行や出張などで家を空ける時はスキップOK

\この記事はどうでしたか?/

  • この記事を書いた人
アバター

花ウォーキング歴6年ヤッくん

ウォーキングと花が大好きです。いつもと違う場所やコースを探している人に、花を見ながら歩ける魅力の場所やコース案内します。

人気記事

保土ヶ谷公園森の通り道09 1

1.魅力ポイント 県立保土ヶ谷公園には、公園案内図にさえ載っていない森の中を散歩できる道があります。 地元の人だけが、毎日のように散歩できるコースなのです。 もともと、保土ヶ谷公園のある明神台は、明神 ...

一つ目入り口前 2

1.魅力ポイント 桜ヶ丘トラスト緑地(別名、桜ヶ丘の森)は。県立保土ヶ谷公園に隣接した位置にあるにもかかわらず、 その存在を知っている人は、地元でも少ないです。 広さがたった1.2haと小さいためもあ ...

ピンクの流れ星 3

1.魅力ポイント 11月に入ると、秋バラが楽しみですね。 横浜では、山下公園と港の見える丘公園が有名です。 でも、少し距離が離れているので、片っぽだけしか見れない人も多いです。 今回は、両方の公園の秋 ...

-いつもと違う神奈川のおすすめウォーキングコース, 横浜市内

© 2021 【横浜を歩く】季節の花・旬の花見頃見られごろ