横浜市内

保土ヶ谷公園から桜台そして保土ヶ谷駅へ旧跡をめぐるコース

1.魅力ポイント

今回は、本来は季節のいい時期の5月に、保土ヶ谷公園から桜台・霞台へ降りていき、そして保土ヶ谷駅まで保土ヶ谷宿の旧跡をめぐるコースです。

季節がら、藤やツツジにバラなどが楽しましてもらえます。

 

2.コースの紹介

最初は、保土ヶ谷公園内にある「タブノ木ばあさん」です。

タブノキ

DSC_0896

 

タブノ木ばあさんとは、タブノキ広場の樹齢200年の立派なタブノ木のこと。

DSC_0895

DSC_0895

 

もちろん、近くには、藤棚がいくつもあります。新緑と藤のバランスが、とてもいいですね。

藤棚

DSC_0898

 

池の周りには、オオデマリのみごとな白も主張してます。

オオデマリ

DSC_0900

 

ゼラニウムも清楚に、存在を主張してますね。

ゼラニウム

DSC_0902

 

ピンク色のツツジが、密集してみごとです。

つつじ

DSC_0903

 

かながわアートホールの音楽堂は、コロナ対策のため、なんと8月31日まで閉館です。

閉館

DSC_0907

 

音楽堂のプールに住んでいるカモは、誰も来ないので淋しそうでした。

音楽堂のカモ

DSC_0906

 

公園から桜台小学校まで少し下り、住宅街の中にある霞台公園に隣接して保土ヶ谷カトリック教会があります。

保土ヶ谷カトリック教会

DSC_0912

 

この教会は、石作りで住宅街の中でよくこれだけの教会を建てられたと感心します。

保土ヶ谷カトリック教会のマリア

DSC_0911

 

霞台の住宅街内の急坂を、保土ヶ谷の方に下る途中の家で、バラをきれいに咲かせているお家の庭を見つけました。

バラの庭

DSC_0914

 

こちらは、りっぱなサボテンです。サボテンの実がたくさんです。

サボテンの庭

DSC_0915

 

保土ヶ谷まで降りてくると、国道添いに旧本陣の金子屋さんがあります。

本陣金子屋

DSC_0918

 

現在は公開していませんが、塀の上から、その立派なお庭がのぞけます。この庭を見て、参勤交代のお殿様たちが、旅の疲れを癒したでしょうね。

DSC_0916

DSC_0916

 

立派な門に前には、解説もあります。

DSC_0917

DSC_0917

 

保土ヶ谷駅に向かう途中には、毎年立派にバラを咲かせる「バラの家」が、今年もうまく咲かせて、楽しませてくれていました。

DSC_0919

DSC_0919

 

3,マップ

20200505_Map

 

疲れにくい歩行補整インソール【ウォーキングティーチャーインソール】

広島大学と共同開発した歩行補整インソール

歩行姿勢をサポート

無理なく自然にS字歩行

使うだけで疲れにくい歩行に

\この記事はどうでしたか?/

  • この記事を書いた人
アバター

ウォーキング歴6年の一日20km歩く筆者(ヤッくん)

ウォーキングと花が大好きです。いつもと違う場所やコースを探している人に、花を見ながら歩ける魅力の場所やコース案内します。

人気記事

保土ヶ谷公園森の通り道09 1

1.魅力ポイント 県立保土ヶ谷公園には、公園案内図にさえ載っていない森の中を散歩できる道があります。 地元の人だけが、毎日のように散歩できるコースなのです。 もともと、保土ヶ谷公園のある明神台は、明神 ...

一つ目入り口前 2

1.魅力ポイント 桜ヶ丘トラスト緑地(別名、桜ヶ丘の森)は。県立保土ヶ谷公園に隣接した位置にあるにもかかわらず、 その存在を知っている人は、地元でも少ないです。 広さがたった1.2haと小さいためもあ ...

DSC_0916 3

1.魅力ポイント 今回は、本来は季節のいい時期の5月に、保土ヶ谷公園から桜台・霞台へ降りていき、そして保土ヶ谷駅まで保土ヶ谷宿の旧跡をめぐるコースです。 季節がら、藤やツツジにバラなどが楽しましてもら ...

ヒマワリのネット 4

1.魅力ポイント 毎年、夏になると庭で咲いている花が少なくなり、 秋まで我慢の季節が来たなぁって寂しく思っています。 しかし、ウォーキングで歩きながら、よく探してみると、 暑い夏が好きな花々も見つかり ...

ツタの絡まる絶景スポット 5

1.魅力ポイント 横浜新道の藤塚ICには、周囲から見えないツタの絡まる絶景スポットと、使われなくなった橋を歩けるところがあります。 どちらも、共に浮き世離れした異様な感じです。 保土ヶ谷公園から西、横 ...

-横浜市内

© 2020 【横浜を歩く】季節の花・旬の花見頃見られごろ