横浜市内

保土ヶ谷公園から桜台そして保土ヶ谷駅

1.魅力ポイント

今回は、本来は季節のいい時期の5月に、保土ヶ谷公園から桜台・霞台へ降りていき、そして保土ヶ谷駅まで保土ヶ谷宿の旧跡をめぐるコースです。

季節がら、藤やツツジにバラなどが楽しましてもらえます。

 

2.コースの紹介

最初は、保土ヶ谷公園内にある「タブノ木ばあさん」です。

タブノキ

DSC_0896

タブノ木ばあさんとは、タブノキ広場の樹齢200年の立派なタブノ木のこと。

DSC_0895

DSC_0895

もちろん、近くには、藤棚がいくつもあります。新緑と藤のバランスが、とてもいいですね。

藤棚

DSC_0898

池の周りには、オオデマリのみごとな白も主張してます。

オオデマリ

DSC_0900

ゼラニウムも清楚に、存在を主張してますね。

ゼラニウム

DSC_0902

ピンク色のツツジが、密集してみごとです。

つつじ

DSC_0903

かながわアートホールの音楽堂は、コロナ対策のため、なんと8月31日まで閉館です。

閉館

DSC_0907

音楽堂のプールに住んでいるカモは、誰も来ないので淋しそうでした。

音楽堂のカモ

DSC_0906

公園から桜台小学校まで少し下り、住宅街の中にある霞台公園に隣接して保土ヶ谷カトリック教会があります。

保土ヶ谷カトリック教会

DSC_0912

この教会は、石作りで住宅街の中でよくこれだけの教会を建てられたと感心します。

保土ヶ谷カトリック教会のマリア

DSC_0911

霞台の住宅街内の急坂を、保土ヶ谷の方に下る途中の家で、バラをきれいに咲かせているお家の庭を見つけました。

バラの庭

DSC_0914

こちらは、りっぱなサボテンです。サボテンの実がたくさんです。

サボテンの庭

DSC_0915

保土ヶ谷まで降りてくると、国道添いに旧本陣の金子屋さんがあります。

本陣金子屋

DSC_0918

現在は公開していませんが、塀の上から、その立派なお庭がのぞけます。この庭を見て、参勤交代のお殿様たちが、旅の疲れを癒したでしょうね。

DSC_0916

DSC_0916

立派な門に前には、解説もあります。

DSC_0917

DSC_0917

保土ヶ谷駅に向かう途中には、毎年立派にバラを咲かせる「バラの家」が、今年もうまく咲かせて、楽しませてくれていました。

DSC_0919

DSC_0919

 

3,マップ

20200505_Map

 

\この記事はどうでしたか?/

  • この記事を書いた人
アバター

ウォーキング歴6年の一日20km歩く筆者(ヤッちゃん)

-横浜市内

© 2020 いつもと違う場所を歩くおすすめウォーキングコース案内