滋賀

滋賀彦根・玄宮楽々園の紅葉を目指す

1.魅力ポイント

滋賀彦根城内にある玄宮楽々園(別名:げんきゅうえん)は、江戸時代の井伊家のお庭です。

お城は、意外と大きく、これが徳川幕府で権勢を誇った大名のものだったことが、力と言う点で実感させられます。

彦根城は、徳川家康が1604年にいずれ大阪城の豊臣秀頼を討滅させるために、

井伊家に元の彦根山(金亀山:こんきざん)に城を築かせたものです。

そのため、徳川総ががりで、江戸から普請奉行3名だけでなく、

尾張、伊勢、伊賀、美濃、飛騨、若狭、越前の7カ国12大名に、築城を手伝わさせたと言います。

当時、彦根城の目の前には、琵琶湖の湖面が広がっていましたが、

現在は、埋め立てられて、琵琶湖までは距離があり残念です。

しかし、彦根城は整備された良い日本庭園だと素直に感じることができます。

彦根駅からも近くて、歩きながら彦根という町の成り立を感じられるコースですから、誰でも楽しめます。

 

2.コースの紹介

これが、彦根城の全景です。
内堀、外堀が、明確ですね。
この中に、玄宮楽々園はあります。
彦根城全景

 

JR彦根駅を降りると、駅前に井伊直政公の銅像が目に入ってきます。
彦根駅前の井伊直政公

 

駅からまっすぐに歩いて行くと、護国神社の鳥居にぶつかります。
護国神社鳥居

 

護国神社ですが、今回は外から一礼して素通りです。
護国神社

 

神社の横をお堀沿いに歩いていくと、そのまま城内に。
最初は、この二季咲桜の標識が出て来ます。
春と冬に咲きます。
二季咲桜標識

 

二季咲桜、水戸から贈られたもので、エドヒガンザクラとマメザクラの交配品種です。
偕楽園にもありました。
二季咲桜

 

彦根城内のお堀には、観光船もあり、ここから眺める景色も一興ですね。
彦根城内堀の船

 

玄宮園入場券を購入しました。
玄宮園入場券

 

玄宮園の中に入ると、整備された庭の景色が印象的です。
玄宮園景色1

 

木橋が古びて、いい味をだしていました。
玄宮園景色2

 

玄宮園には真ん中に池があって、その周りを周遊できる小径があります。
玄宮園景色3

 

今回は、少し紅葉の最盛期から遅くなってしまいましたが、再訪してみてもいいかも。
玄宮園景色4

 

玄宮園から天守閣を望む。
玄宮園景色5

 

紅葉を透かして。
玄宮園景色6

 

<番外編>
彦根駅までの帰りに、駅前の「彦根ちゃんぽん」に目が釘付け。
彦根ちゃんぽん

 

3,マップ

彦根城の玄宮楽々園まで歩くマップです。
彦根城玄宮楽々園マップ

 

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便 Bloomee LIFE

プロのお花屋さんが週替わりで季節のお花を選んでお届け!そのまま飾るだけ

定期的にお花が届くので楽しみ

オシャレな箱で届くのでインスタ映えも狙える

配送中に痛んでしまったお花は無料で再送保障

旅行や出張などで家を空ける時はスキップOK

\この記事はどうでしたか?/

  • この記事を書いた人
アバター

花ウォーキング歴6年ヤッくん

ウォーキングと花が大好きです。いつもと違う場所やコースを探している人に、花を見ながら歩ける魅力の場所やコース案内します。

人気記事

保土ヶ谷公園森の通り道09 1

1.魅力ポイント 県立保土ヶ谷公園には、公園案内図にさえ載っていない森の中を散歩できる道があります。 地元の人だけが、毎日のように散歩できるコースなのです。 もともと、保土ヶ谷公園のある明神台は、明神 ...

一つ目入り口前 2

1.魅力ポイント 桜ヶ丘トラスト緑地(別名、桜ヶ丘の森)は。県立保土ヶ谷公園に隣接した位置にあるにもかかわらず、 その存在を知っている人は、地元でも少ないです。 広さがたった1.2haと小さいためもあ ...

ピンクの流れ星 3

1.魅力ポイント 11月に入ると、秋バラが楽しみですね。 横浜では、山下公園と港の見える丘公園が有名です。 でも、少し距離が離れているので、片っぽだけしか見れない人も多いです。 今回は、両方の公園の秋 ...

-滋賀

© 2021 【横浜を歩く】季節の花・旬の花見頃見られごろ