にきびができる原因と種類によって異なる治療方法

にきびの種類によって適切な治療方法を選択することで、早期に治療してきれいに治すことができます。

なぜにきびができるかは、その人の肌質や体質によって違いますが、肌荒れや、偏った食生活、生活サイクルの乱れなどが原因です。

精神的なストレスを受けることによってできる場合もあります。

理由はストレスによって、自律神経のバランスが崩れて、交感神経が優位な状態になり、にきびの原因である男性ホルモンが多く分泌されるからです。

にきびの治療には、まず、できたにきびが何かを確認する必要があります。

毛穴から分泌される脂肪分が原因でできるにきびが白いにきびです。

皮膚が腫れて痛みや熱を持つ前に治療を施すことができれば、痕跡を残さずに治せるでしょう。

自分でにきびを潰してしまうと、肌に傷ができるだけでなく、雑菌が入って炎症を起こすと痕ができてしまうので注意しましょう。

皮膚科でにきびの治療を行う場合は、器具を使って皮脂を取り除くという場合があります。

皮脂の分泌が進んで内容物が収まり切らなくなって毛穴から出てくると、皮膚表面の皮脂が酸化して、黒くなって見えます。

黒くなったにきびの場合も早めに治療すると、痕になりにくくきれいに治せます。

にきびが白や黒のうちに対処しないと、皮膚が刺激されて炎症が起きやすくなり、赤く腫れて皮膚細胞がダメージを受けるので、治療が大事です。

にきびによる炎症のせいで膿が増え、皮膚の深い部分にまでダメージが及ぶことがあります。

その場合は皮膚科を受診しましょう。