洋服も種類が多様化して個性的な現代の日本

ナイトワークを始めたら昼夜間逆の生活

時代の流れと共に進んでいく流行りの洋服の傾向

人間の基礎となる「衣・食・住」は生活にかかせない基本条件である。
「衣・食・住なくして人生なし」と言われるほどである。その三つの中で「衣」が一番最初にくるには理由があります。衣類を着るというのは、人間に与えられた特権であり、自分の意志で衣服を身に纏えるのです。

これは人間のみに与えられた尊厳であるのです。その衣類ですが、最近では衣服の種類も多様化してきて、色々なファッションで○○系と表現され、様々な雑誌などありますよね。その中でも奇抜なファッションなどが、やはり目につきやすいと思います。

やはり代表的なのが原宿ですね。日本が世界に誇る原宿カルチャーは世界でも有名です。それを原宿系といい、専用の雑誌も有名で、実際に歩いてみると奇抜な恰好の方が多くてビックリしました。有名な竹下通りでは、人種を問わずあらゆる方が好きな格好で楽しんでます。

更に、東京の例では、地域ごとに着ているファッションが違うというのもあります。渋谷でいうと化粧が派手なギャル系。新宿でいうと全身黒を基調としたオラオラ系、自由が丘でいうとシンプルな中にブランド品を混ぜたセレブ系など、極端になりますが、その地域を中心に集まる年齢層や、遊び方によって違いが出てるのです。

人類が生まれておよそ500~800万年。古代では怪我や温度変化から身体を守る目的であったが、現在では機能以上に動機の追求に目的が移行しています。

今では、異性に惹かれる条件にまで、衣類のセンスを問われる時代まできました。現在までこういった進化をとげた衣類ですが、これから先どういった形で進歩するのか楽しみです。幼いころ描いていた、未来の服装は皆様どういった服装ですか?